PR
本ページはプロモーションが含まれています

雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きはダメ!道路、駐車場、屋根の雪を溶かすアイディアとは?

雑学
スポンサーリンク

突然の積雪に対処するためには雪かきは必須です。

ただし、雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きはダメなんです!

道路、駐車場、屋根の雪など早く溶かさないといつものように生活できので、雪かきにお湯や水を使ったら良いと思ってしまいます。

雪かきは日常生活を維持するために避けられない重労働で慣れていても、大変なのに、慣れていなかったら、どうして良いか分かりませんよね。

でもどうして、雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きはダメなのでしょうか?

この記事で分かること

  • 雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きはダメなのはどうして?
  • 雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きをしても良い場合がある!
  • 【除雪のアイディア11選】道路、駐車場、屋根の雪を溶かすのに使える!

この記事では、雪かきにお湯や水を使うのはだめな理由と雪を早くかつ効率的に溶かす11のアイディアをご紹介します。

スポンサーリンク

雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きはダメなのはどうして?

関東地方での大雪の影響により、Twitter上には「雪国出身」のユーザーから「雪かきにお湯を使わないで」という注意喚起が多数寄せられています。

お湯を使うと雪が溶けて後で凍結し、スケートリンクのような滑りやすい状況を作ってしまう可能性があるからです。

水やお湯でも雪が完全に溶けるわけではなく、積雪が多い場合はシャベルを使った従来の方法が推奨されています。

また、熱湯を使う際のやけどのリスクも指摘されています。

実際に、お湯で雪を溶かす行為は「絶対にしてはいけない」という情報もありますが、雪かきのプロは「一概にダメとは言い切れない」と述べています。

積雪量が少なく再凍結の恐れがない場合は、お湯を使っても問題ないとのこと。

では、どのようなときに雪かきに、お湯や水を使うのでしょうか?

雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きをしても良い場合がある!

雪かきにお湯かける、まく、水をかける水撒きをしても良い場合とはどんな状況なのでしょうか?

実は、雪国には「消雪パイプ」という特殊な融雪システムが存在します。

このシステムでは、温度が比較的高い地下水(約15℃)を道路上にまくことで、積もった雪を溶かし、24時間連続して水を出し続けることで、雪が積もることを防ぎ、路面の凍結を回避しています。

一方で、関東のような雪の少ない地域には、このような再凍結しない水を使用した融雪システムは導入されていません。

つまり、これらの地域の住民が雪かきで水やお湯を使用する際には、再凍結のリスクが高まることを意味します。

雪の多い地域の人々が「水やお湯を雪かきに使ってはいけない」と助言する背景には、「確実に再凍結を防ぐ方法がその地域には存在しない」という経験があるからです。

この知識の違いが、雪かきの方法において地域ごとに異なるアプローチが取られる理由の一つと言えます。

【除雪のアイディア11選】道路、駐車場、屋根の雪を溶かすのに使える!

「消毒用アルコール+食器用洗剤+お湯」で自家製溶解剤

雪や氷を溶かすための自家製溶解剤を作る方法は、家庭にある一般的な材料を使用して簡単に行えます。

作り方は次のようになります。

まず、2リットルのお湯をバケツに入れます。

次に、6滴の食器用洗剤と、1/4カップの消毒用アルコールを加え、よく混ぜ合わせてください。

この混合液を歩道や車道に撒くと、雪や氷が反応して泡立ちながら溶け始めます。

その後、残った雪や氷はショベルで取り除け、岩塩やアイスメルトが手元にない場合にも有効で、簡単に家庭で作れるため、非常に便利です。

出がらしのコーヒー

米Lifehackerで紹介されているように、コーヒーの出がらしは氷や雪を溶かすのに役立つ一面があります。

コーヒーの出がらしに含まれる窒素成分が氷の融点を下げる効果を持っているためです。

さらに、コーヒーの出がらしはその暗い色のため、雪や氷よりも太陽光を吸収しやすく、これが融解を早める可能性があります。

これらの特性を活用することで、コーヒーの出がらしはただ捨てるだけでなく、冬の雪や氷対策にも有効なアイディアと言えます。

「硫酸アンモニウム」「塩化カリウム」「尿素」が含まれる肥料

冬の氷を溶かすために、余った肥料を活用することも一つの方法です。

特に、前年のガーデニングシーズンで使用しきれなかった肥料があれば、それを車道に撒くことができます。

ただし、肥料を使用する際に重要なのは、その成分に「硫酸アンモニウム」、「塩化カリウム」、「尿素」の3つが含まれているかを、ラベルを読んで確認することです。

これらの成分は氷の融点を下げる効果があり、岩塩を使う場合と同様に効果的ですが、岩塩と異なり車道や庭にダメージを与えることが少ないのが特徴と言えます。

砂は雪や氷を直接溶かす働きはありませんが、滑りやすい道路の表面に撒くことで摩擦を増やし、歩行者や車の滑りを防ぐ効果があります。

加えて、砂を敷くことにより道路の水分が凍結しにくくなりますが、これは、砂が太陽光を吸収しやすく、その結果として熱を発生させる性質に起因します。

この熱の発生により、歩道や車道の温度が上昇し、結果的に凍結防止に寄与するのです。

砂の使用は、コーヒーの出がらしと同様に、太陽光の吸収による効果を期待できます。

塩化カルシウム(市販の融雪剤や家庭用食塩)

市販の融雪剤や家庭用食塩は、雪の溶解に効果的です。

多くの場合、これらの融雪剤は塩化カルシウムで、雪国地方では一家に一袋以上が常備されているほど普及しています。

塩化カルシウムは雪を溶かす能力が高く、食塩よりも凍結防止効果に優れていますが、経済的にも塩化カルシウムを使用する方が良いでしょう。

ただし、塩害のリスクがあるため、通常の融雪剤を車が通る駐車場や園芸場所に使用するのは避けるべきです。

金属のサビや植物の枯死の原因となることがあります。

車の場合は、雪が溶けた後にスチーム洗浄で塩化カルシウムを洗い流すことが可能です。

幹線道路では行政が融雪剤を撒くことがあり、雪解け後に車を使用する際はスチーム清掃をお勧めします。

粉炭

農家などで古くから使われている除雪方法の一つに、粉状に砕いた炭を使用する方法があり、粉炭を雪の表面に撒くことで、雪が黒くなり、太陽の熱をより効率的に吸収し、雪の溶解を早めます。

この粉炭を使用する最大の利点は、環境に害を与えず、塩化カルシウムなどの化学物質を使用できない園芸場所や花壇の近くでも安心して使えることです。

さらに、炭は花壇にかかっても問題なく、実際に肥料としての役割を果たすため、庭の手入れをしながら除雪も行えるので便利な方法と言えます。

融雪マット

融雪マットは、本来は玄関前などの凍結を防ぐために使用されるアイテムですが、雪かきで集めた雪をマットの上に積み上げることで、雪を効率的に溶かすのにも使えます。

この方法は、雪を溜めることで自然に融雪させることが可能です。

しかし、製品によっては雪が十分に溶けないという口コミもあり、購入を検討する際には事前にレビューや口コミを確認することが重要で、適切な製品を選べば、融雪マットは雪かき後の処理に非常に役立ちます。

融雪ケーブル

融雪ケーブルは、融雪マットのケーブル形式の製品で、特に冬季の雪対策に便利です。

屋根や他の場所に事前に設置しておくことで、手作業での除雪が不要となり、溜まった雪を自動的に溶かし、さらに、排水溝に融雪ケーブルを設置することで、溝を融雪溝に変えることが可能になり、雪かきで集めた雪を効率的に溶かすことが可能です。

この製品は融雪マットよりも携帯性が高く、ケーブルの温度は最高43度まで上昇するため、大量の雪を迅速に処理するのに役立ちます。

融雪ホース

融雪ホースは、一般的なホースに接続するだけで、広範囲に水を散布できる便利なアイテムです。

このホースはスプリンクラーのように機能し、雪かきで集めた雪の近くに設置することで、手間をかけずに効率的に雪を溶かすことが可能。

しかし、外気温が0度以下の場合には、散布された水がなかなか雪を溶かさず、逆に凍結しアイスバーンを作ってしまうリスクがあるため注意が必要と言えます。

そのため、融雪ホースを使用する際には、その日の気温を考慮し、凍結の危険がないかどうかを確認することが重要です。

黒いビニールシート

雪を効果的に溶かす方法の一つとして、黒いビニールシートを使用する方法がありますが、黒色は太陽の熱を吸収しやすい性質を持っており、これを利用して雪を溶かすことができます。

具体的には、晴れた日に雪かきで作った雪の山に黒いビニールシートをかぶせるだけです。

太陽の熱がシートに集まり、雪を溶かします。

この方法は、放置した雪山よりも溶けるスピードが速くなるため、非常に効果的です。

晴天の日に試すと、特に良い結果が得られるでしょう。

雪を砕く

雪かきで集めた雪を一箇所に積み上げて巨大な雪山を作ると、その雪が溶けるのに長い時間がかかることがあります。

より効率的に雪を溶かすためには、晴れた日に雪山を崩し、バラバラにしておくと良いでしょう。

この状態にすることで、雪の溶ける速度が大幅に上がります。

さらに、バラバラにした雪を黒いコンクリートやアスファルトの上に広げておくと、さらに早く溶けますが、ただし、雪を道路などにばらまくことは、近隣住民とのトラブルや道路交通法違反になる恐れがあるので注意が必要です。

雪の処理を行う際は、周囲の環境や法規制も考慮に入れることが重要と言えます。

まとめ

この記事では、雪かきにお湯や水を使うのはだめな理由と雪を早くかつ効率的に溶かす11のアイディアをご紹介してきました。

関東地方の大雪により、「雪国出身」のユーザーからは「雪かきにお湯を使うな」との警告がTwitterに多く寄せられています。

お湯を使用すると雪が溶けた後に再凍結し、滑りやすい状況を作るリスクがあるためです。

また、水やお湯でも雪が完全に溶けないことが多く、シャベルを使った従来の方法が推奨されています。

専門家によると、積雪量が少なく再凍結の恐れがなければ、お湯を使っても問題ないとされていますが、雪国の「消雪パイプ」のような融雪システムがない地域では再凍結のリスクが高まります。

自家製溶解剤の作り方や、出がらしのコーヒー、肥料、砂、塩化カルシウム、粉炭、融雪マット、融雪ケーブル、融雪ホース、黒いビニールシート、雪を砕く方法など、様々な除雪アイディアが提案されています。

これらはそれぞれ特定の状況や需要に応じて有効です。

関連記事

塩化カルシウム(融雪剤)の雪への撒き方とは?

元旦に入浴してはダメ!年末年始のタブーを避けて一年の運気を上げる方法!

郵便の保管期限の過ぎた受け取りに注意!期限が過ぎたらどうなる?

卑弥呼の最後はどうだった?「寿命、他殺、戦死、ショック死?」4つの説を解説!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました