PR
本ページはプロモーションが含まれています

深夜のヘリコプターがうるさい!夜中にナゼ飛んでいる?自衛隊?

気象・災害
スポンサーリンク

深夜のヘリコプターがうるさくて気になったことはありませんか?

私は、ある深夜の3時か4時位に突然大きな爆音で外を覗いたことがあります。

そこには、自衛隊のような隊員が男性2名でなにかの作業をしているようでした。

その時は、音が気になっただけだったのですが、その後深夜にヘリコプターで何の作業をしているのか気になりました。

調べてみると同じように思う方がいました。

夜間に飛ぶヘリコプターは何をしてるんですか?

そこで、この記事では、深夜のヘリコプターはナゼ飛んでいるのか?自衛隊、ドクターヘリなどの事例からその理由とどうして深夜にヘリコプターが飛行できるのかを紹介します。

スポンサーリンク

深夜のヘリコプターがうるさい!夜中にナゼ飛んでいるのは自衛隊?

https://twitter.com/JustMoveOn_BSD/status/1741853901085913257

ヘリコプターが夜間に飛行する理由は主に緊急事態への対応、訓練、輸送や調査です。

警察のヘリは逃走車両を追跡したり犯罪現場を捜索し、消防ヘリは火災や救助活動に、海上保安庁は海難事故の救助に、そして自衛隊は災害派遣や救難に従事します。

緊急事態としては交通事故や火災現場へ急行したり、救急患者を搬送するケースが多いです。

また、夜間の訓練はヘリの操作や救助技術の向上に役立ち、輸送や調査では荷物運搬や特定の情報収集に利用されます。

これらの活動は、夜間であっても社会の安全と秩序を守るために不可欠です。

以下のページでは、自衛隊が夜間の飛行訓練をする場合の日程が確認することができます。

夜間飛行訓練|航空自衛隊について

https://twitter.com/kasu_wo_pks/status/1741859863301648884

深夜のヘリコプターはドクターヘリ?

ドクターヘリは通常、夜間には飛行しません。

これは、夜間の視界不良やヘリコプターのライトが周囲の住民に迷惑をかける可能性があるためです。

運用規定では日没から日の出まで飛行を禁止していますが、緊急事態や特別な状況下では夜間飛行が認められることもあります。

例えば、交通事故や火災現場での急患搬送や、北海道の防災航空隊のように24時間体制で運用されるケースもあります。

これらの例外を除き、ドクターヘリは主に昼間に活動すると理解するのが一般的です。

深夜にヘリコプターが飛行できる理由とは?

ヘリコプターは、特定の装備と訓練を持つ場合、夜間でも飛行可能です。

これは主に三つの要素により実現しています。

計器飛行証明、GPSや障害物照明技術、そして特殊装備です。

  • 計器飛行証明:計器飛行証明を持つパイロットは、目視が困難な状況でも計器を頼りに飛行できます。
  • GPS・障害物照明技術:GPSはヘリコプターの正確な位置把握に役立ち、障害物照明は特に夜間の障害物回避に重要です。
  • 特殊装備:自衛隊や警察、消防などの特定のヘリコプターには強力なサーチライトや暗視装置が装備されており、夜間でも安全に飛行できるようサポートしています。

しかし、夜間飛行は昼間に比べて視界が悪く、周囲が見えにくいため、より慎重な操作が要求されます。

まとめ

この記事では、深夜のヘリコプターはナゼ飛んでいるのかについて紹介しました。

深夜にヘリコプターが飛行する理由は、緊急対応、訓練、輸送、調査などです。

警察、消防、海上保安庁、自衛隊などが緊急事態に対応するため、または特定の任務を果たすために夜間に飛行することがあります。

一方で、ドクターヘリは通常夜間には飛ばず、視界の悪化や周辺への影響を避けるため、日没から日の出まで飛行を控えることが多いですが、緊急時には例外的に飛行することもあります。

また、ヘリコプターは計器飛行証明、GPS、障害物照明技術、特殊装備などを駆使して夜間飛行を可能にしていますが、夜間飛行は昼間に比べ視界が悪くなり慎重な操作が必要です。

関連記事

日の出は何分前から明るい?明るくなる時間と3つの時間帯とは?

石川県に地震が多いのはなぜ?南海トラフの関係と気になる今後の地震は?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました