PR
本ページはプロモーションが含まれています

BeReal(ビーリアル)のBTSで音入らない場合の対処方法とは?

アプリ
スポンサーリンク

BeReal(ビーリアル)のBTSで音入らないというユーザー増えています。

Yahoo!知恵袋

せっかくのビーリアルのBTSが使えないのは困りますよね。

この記事で分かること

  • BeReal(ビーリアル)のBTSで音入らない場合の対処方法!
  • BeReal(ビーリアル)のBTS「音がならない」場合の対処の仕方!
  • BeReal(ビーリアル)「bts」シャッター音を消す方法とは
  • BeReal(ビーリアル)のBTSの撮り方とは?

この記事では、ビーリアルのBTSで音入らない場合の対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

BeReal(ビーリアル)のBTSで音入らない場合の対処方法!

ビーリアルのBTSで音入らない場合

    • 投稿をまだしていない方は、「マイクの利用を許可」してください。
    • 投稿を一度でもしたことがある方は「設定画面でマイクの「オン」をタップしましょう。
    • 投稿する前に、「BTS On」ボタン下のマイクボタンをタップして、マイクボタンの「オン・オフ」を切り替えてください

ここで、注意してもらいたいのが、投稿のための撮影をしていないとビーリアルの設定に、「マイク」と「カメラ」の表示は出てきません。

初期設定つまり、初めての投稿では、撮影直後の「マイク」の利用許可の選択で、マイクの「オン・オフ」となります!

 

初めてBTSを使う場合

アプリがマイクの利用許可を求めるので、BTSが「音アリならOK(許可)」、「音ナシなら許可しない」で動作(撮影して投稿)します。

BTSを有効化するには、画面右上にある「BTSオン」オプションを確認し、無効化されている場合はそのオプションをタップして有効にします。

初めてビーリアルを使う場合、もしもBTSに音が入らないときは、マイクの利用許可を確認しましょう。

BTSを一度でも使ったことがある場合

  1. 設定画面に移動します。
  2. BeReal(ビーリアル)をタップします。
  3. マイクをタップしてオン・オフに切り替えができます。

投稿直前でもマイクのオン・オフできる

投稿するする前にも、「BTS On」ボタンの下にマイクボタンが出てくるので、タップしてマイクボタンの「オン・オフ」を切り替えることでBTSの音アリ、音ナシを選ぶことができます。

BeReal(ビーリアル)のBTS「音がならない」場合の対処の仕方!

BeReal(ビーリアル)のBTS「音がならない」原因

  • マナーモード
  • Bluetooth

ビーリアルのBTSで音がならない場合は、使っているスマホが「マナーモード」になっている可能性が高いです!

一部ユーザーでビーリアルの不具合のように思われている方がいますが、これは、ビーリアルの不具合ではありません。

また、もう一つ考えられる原因として、Bluetoothが接続されていることが考えられます。

自分では、Bluetoothを使っていないと思っていても、接続されている場合があるので、Bluetoothの接続も確認してみてください。

BeReal(ビーリアル)「bts」シャッター音を消す方法とは

BeReal(ビーリアル)のbtsでシャッター音を消すという方法は、現在ではアップデートの影響で使えません。

また、ビーリアルのシャッター音を消す方法として、イヤホンもしくは、Bluetoothを接続するとシャッター音を消すという方法があります。

実際に試してみましたが、最新バージョンでは、シャッター音は消すことはできませんでした。

現在、ビーリアルのシャッター音を消すことはできないようです。

BeReal(ビーリアル)のBTSの撮り方とは?

ビーリアルのBTS機能の基本的な撮り方を確認しておきましょう。

ビーリアルのBTSの撮り方

  1. BeRealアプリでカメラを開く。
  2. 右上のBTSオプションが「オン」になっているか確認。
    (オフの場合は、タップしてオンに切り替える。)
  3. BeRealを長押しして、BTSのプレビューを表示。
  4. ミュートボタンでサウンドをオフにすることが可能。
  5. 「送信」ボタンでBTSを含む写真を共有。
  6. 初回使用時、マイクへのアクセス許可が必要。
    (マイクを使わない設定の場合、BTSは無音で動作。)
  7. BTS機能は一度オンにすると次回から自動的にオンに設定。
    (必要に応じてオン・オフを簡単に切り替え可能。)
  8. カメラ画面で「BTSオン」が表示されている場合、タップして「BTSオフ」に変更。
  9. 「送信」前にBTSオプションをオフにすると、BTS機能を無効化可能。

この順番で、撮影時や投稿直前にBTS機能の使用を柔軟にコントロールできます。

まとめ

この記事では、BeReal(ビーリアル)のBTSで音入らない場合の対処方法についてご紹介しました。

BeRealのBTS機能で音が入らない場合、マイクの利用許可が必要です。

初回使用時にマイクへのアクセスを許可し、BTSオプションが「オン」になっているか確認します。

オフの場合はオプションをタップしてオンに切り替えます。BeRealを長押ししてBTSのプレビューを表示し、必要に応じてミュートボタンでサウンドをオフにできます。

BTS機能は次回から自動でオンに設定され、簡単にオン・オフの切り替えが可能です。

関連記事

BeReal(ビーリアル)(BeReal)BTSのやり方とは?使い方や使えない、できないときの対処は?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました