PR
本ページはプロモーションが含まれています

廃止されたひらがなとは?【本当にあった!】

雑学
スポンサーリンク

廃止されたひらがながあるって知っていましたか?

それは、「か」です。

ですが、今でも当たり前のように使っていますよね。

どういうことなのか?

その説明するには、ひらがなの成り立ちが重要になります。

この記事では、実際に廃止されたひらがな「か」について、また、廃止されそうになった「を」について成り立ちなどを解説しています。

スポンサーリンク

廃止されたひらがなとは

廃止されたひらがな「か」ですが、ひらがながどのようにして作られたかご存知でしょうか?

ひらがなの成り立ちには、漢字からの派生が重要な意味を持っています。

ひらがなは漢字から派生した!

日本のひらがなは、漢字の草書体から派生しました。

例えば、「あ」は「安」、ちなみに「ぬ」は「奴」から来ています。

日本では、中国との交流を通じて漢字が導入され、これらを基に日本独自の言葉を表現するために漢字が崩され、ひらがなが生まれました。

どうしてか「は」廃止された?

当初、ひらがなには統一された形がなく、多くの異なる漢字がひらがなとして使われていました。

「か」のひらがなは「可」「加」「閑」など、多くの漢字に由来する形が存在しました。

このため、五十音に対して200以上の異なるひらがながあったとされます。

しかし、明治33年の教育改革により、使用されていないひらがなは廃止され、現在の形に統一されこのとき多くの異なる「か」は廃止されました。

廃止されそうになった「を」

実は、現在使われているひらがなの中に、多くの「か」が廃止されたときに廃止されかけたのが「を」です。

「お」と「を」は元々異なる発音(「o」と「wo」)でしたが、現在は同じ音として発音されます。

「か」のように紛らわしいので、廃止されそうになりましたが、「を」は助詞としての使用が多いということを考え、混乱を避けるために残されました。

現在では、助詞としてのみ使用される五十音の一部となっています。

まとめ

かつて、ひらがな「か」は多くの異なる漢字に由来する形が存在し、五十音に対して200以上の異なるひらがながあったとされます。

しかし、明治33年の教育改革により、使用されていないひらがなは廃止され、現在の形に統一されました。

このとき、多くの異なる「か」は廃止されました。

また、ひらがな「を」も廃止されそうになりましたが、助詞としての使用が多いため、混乱を避けるために残されました。

「を」に関しては、使用頻度が低いことが指摘されることがありますが、現在では、助詞としてのみ使用される五十音の一部となっています。

関連記事

「を」の正しい読み方とは?発音は「オ(O)」「ウォ(wo)」どっちが正しい?

毒チワワの元ネタはさんまのスーパーからくりTV!

涅槃で待つの意味とは?

薔が名前に使えない理由は、常用漢字・人名漢字ではないから!

全アの意味と元ネタとは?Twitterで炎上、謝罪にまでなった騒動とは?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました