ApexLegends「Unable to connect [code:snake]」エラーの原因や対策とは?

スポンサーリンク

2021年9月23日にApex Legendsでアップデートが行われました。

このアップデート以降、Apex Legendsでエラーが表示が出て、エラー落ちしてしまうユーザーが急増しました。

このエラー表示とは!

エラー Unable to connect [code:snake]

このApex Legendsのエラー表示の原因と対策についてまとめました。

スポンサーリンク

Apex Legendsの「Unable to connect [code:snake]」の「snakeエラー」とは?

Apex Legendsのこのエラーは、マッチ中にエラーが起こり、このエラーのとき以下のエラーが表示されます!

エラー

Unable to connect [code:snake]

[次に進む]

このエラーに関しては、英語でのエラー表示。

また、PC版、PS4版、Switch版など広範囲で発生しています。

原因や対策は?

Apex Legendsの今回のエラーに関しては、分からないことが多いので今回のエラーは、詳細や原因がよく分かっていません。

ただし、今回の発生するエラーが発生するユーザーとしては!

Bannedエラー「BANエラー、アカウント制限エラー」と一緒に起こるに発生するユーザーが多いです。

<今回のテラー対策>

誤BANに対する申し立てを行う

しばらく待つこと

しばらく待つ場合、10分~1時間ほど待つようにしてみて下さい。

もしも、繰り返しエラーが起こる場合!

「別のレジェンドを選択したり、動くバナーではないバナーに変更する」

これを選んでみてください!

それは、以前、動くバナーを使っているとアプリがクラッシュするエラーが発生しています。

これによる影響によって、一時的にアカウントが制限されるという可能性が起こるかもしれないからです。

まとめ

Apex Legendsの「Unable to connect [code:snake]」のエラーについて対策、原因についてご紹介しました。

今回のエラーは、分からないことが多いです。

情報が発表されるのを待ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました