PR
本ページはプロモーションが含まれています

「良いお年を」は11月から使える?使う時期はいつからいつまでが良い?

雑学
スポンサーリンク

仕事で、「良いお年を」のような挨拶言葉は、よく使うという方も多いのではないでしょうか?

私も仕事でよく使いますが、担当の業者さんが変わったときに、もう来年はなかなか会わないので、11月頃に使ってしまいました。

年内に会うのが最後だと感じた時に使う「良いお年を」には、実は使う時期があるんです!

そのため、11月に使うのは早いと言えます。

そこで、この記事は、使う時期はいつからいつまで、「良いお年を」の続く言葉、「良いお年を」の正しい使い方について詳しく解説します。

スポンサーリンク

「良いお年を」は11月から使える?使う時期はいつからいつまでが良い?

「良いお年を」は11月から使うのは早いです!

「良いお年を」という挨拶は、「良いお年をお迎えください」というフレーズの略です。

「良いお年を」という挨拶は、年末、特に「年の瀬」や「年の暮れ」と呼ばれる時期に使われる言葉です。

この挨拶は12月中旬から12月30日までが一般的な使用期間で、大晦日(12月31日)には使われることは少ないです。

これは、「良いお年を」に込められた「大晦日までを無事に過ごし、良い一年を迎えることができますように」という意味が、大晦日には既に新年の準備が整っているとされるためです。

大晦日の伝統と現代の習慣

伝統的には、大晦日にお正月飾りをすることは「一夜飾り」と呼ばれ、年神様に対して失礼とされていました。

そのため、大掃除やお正月の準備は12月30日までに終えるのが望ましいとされています。

しかし、現代では大晦日に大掃除をしたりお正月飾りをする家庭も多く、習慣は多様化しています。

12月31日の挨拶

12月30日までが「良いお年を」の使用期間とされているため、12月31日の大晦日には「来年もよろしくお願いします」という挨拶が適しています。

この挨拶は、新年に向けての期待と、過去一年間の関係を継続したいという願いを込めています。

適切なタイミングで心温まる挨拶を交わし、新しい年を迎える準備をしましょう。

「良いお年を」の続く言葉は何が良い?「お迎えください」と「お過ごしください」どっち?

「お迎えください」が正式です!

「良いお年を」の表現は、新年を迎えることに対する良い願いを込めたもので、「今年も大晦日まで無事に過ごし、良い一年を迎えることができますように」という意味があります。

江戸時代には、年内にツケを清算し、新年を気持ち良く迎える願いとして使われていました。

江戸時代のツケと新年の挨拶

江戸時代(1603年~1868年)では、日々の買い物や外食がツケで行われていました。

ツケは後でまとめて支払うシステムで、庶民は年内にこれを清算し、新年を気持ち良く迎えるために「良いお年を」と挨拶していました。

これは、互いに頑張って新年を迎えようという共通の願いを表していました。

「良いお年をお過ごしください」という表現

「良いお年をお過ごしください」という表現もあり、こちらは年内を無事に過ごすことを願う意味で使われていました。

特に大晦日まで忙しい日々を過ごす中で、無事にその期間を過ごせるようにという願いが込められています。

ただし、現代ではこの表現はあまり使われず、「良いお年をお迎えください」が一般的な表現とされています。

「良いお年を」の正しい使い方とは?

「良いお年を」という挨拶は、同僚や後輩、親しい人に対して略して使っても問題ありません。

しかし、目上の人やビジネス関係者には、より敬意を表して「良いお年をお迎えください」とフルで言うことが望ましいです。

返し方

相手から「良いお年を」と言われた場合は、同じ言葉を使って「〇〇さんも、良いお年を!」や「みなさまも、良いお年をお迎えください」と返すのが一般的です。

より丁寧に返事をする場合は、「ありがとうございます。〇〇さまも良いお年をお迎えください」と言うと好印象です。

喪中の場合

「良いお年を」はお祝いの言葉ではないため、喪中でも使っても問題はありませんが、新年を静かに迎えたい人もいるため、相手が喪中の場合は控えるのが無難です。

そのような状況では、「来年もよろしくお願いします」という挨拶が差し障りがなく適切です。

まとめ

新年を迎える際の挨拶「良いお年を」は、実は「良いお年をお迎えください」の略で、新年を無事に迎える願いが込められています。

江戸時代のツケ清算の風習から生まれ、年内を無事に過ごす意味も含む「良いお年をお過ごしください」という表現もありますが、現代では「お迎えください」が一般的です。

この挨拶は同僚や親しい人に略して使っても良いですが、目上の人やビジネス関係者にはフルで敬意を表して使うのが望ましいです。

また、喪中の場合は相手の気持ちを考慮し、「来年もよろしくお願いします」と控えめに表現することが適切です。

関連記事

「良いお年をお迎えください」はいつから、いつまで使う?

【目上】「良いお年をお迎えください」は敬語で何ていう?

「良いお年を」はいつ言う?31日と元日の挨拶、丁寧な言い方とは?

「良いお年を」言うタイミングが難しい!いつ言うのがベスト?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました