PR
本ページはプロモーションが含まれています

「良いお年を」言うタイミングが難しい!いつ言うのがベスト?

雑学
スポンサーリンク

毎年年末が近づくと、「良いお年を」という挨拶を適切なタイミングで言うのが難しくなります。

特に友達と集まった後や電車での別れ際など、突然その時が来てしまい、挨拶を慌てて交わすことになります。

「あれ、もう『良いお年を』のタイミングかな?」と疑問に思ったり、「えー、もうそんな季節!」と驚いたりすることもありませんか?

実際には「もう会わないかもしれないから、良いお年を!」という感じで、バタバタと挨拶を済ませてしまいますが、言えたならまだ良いですが、言い忘れたりすることもありますよね。

そこで、この記事では、実は年末の悩み、「良いお年を」言うタイミングについてや言うタイミングが難しい3つの理由、いつから意識すれば良いのか、またみんなはいつ言っているのか口コミについてもご紹介していきます。

スポンサーリンク

「良いお年を」言うタイミング!仕事関係はコレがベスト!

「良いお年を」言うタイミングとして、仕事関係の場合は年賀状を準備するときに意識しておくことがベストではないでしょうか?

私が、行っている方法ですが、年賀状は、多くのかたは、11月の後半から12月には準備を始めます。

年賀状の準備をしていると、自然と年末の気分が高まり、「良いお年を」という挨拶を意識し始めることでしょう。

特に、年賀状の締切日に合わせて準備を進めると、その時期が「良いお年を」の挨拶を始める良い目安になります。

このときに、相手の名前を再度チェックして、いつぐらいが年内最後に会いそうなのか確認してみましょう。

一番、「良いお年を」を言うタイミングが難しいのが、その相手が、年内最後に会うのか分からないことだと思います。

そのため、前もって確認していると、別れ際に「良いお年を」が言いやすくなります。

「良いお年を」言うタイミングが難しい3つの理由!

1.個人の年末の感じ方が異なる

年末は多くの人にとって忙しい時期です。

ですが、仕事や学業、家庭の事情など、人によって年を締めくくるタイミングや「年の終わり」と感じられるかは個人差が大きいと言えます。

特に「年の終わり」の感じ方が薄いと、自然と「良いお年を」という意識も薄くなってしまいます。

すると、忘れてしまいがちになるのではないでしょうか?

2.再会する可能性がある

12月全体が年末ムードであるため、「良いお年を」と挨拶した後に意外にも再び会う可能性があります。

これは特に職場や近所の人など、日常的に会う可能性のある人に対して顕著です。

早すぎる挨拶は、後で再会したときに少し気まずい感じがすることがあります。

3.社交的なプレッシャー

「良いお年を」という挨拶は、他の人も使っているのを見かけるため、何らかの形で応じなければならないという社交的な圧力を感じることがあります。

しかし、どのタイミングで、どのように応じるかは常に明確ではなく、その判断がプレッシャーとなることがあります。

「良いお年を」は、いつぐらいから意識すれば良い?

12月の始めから

「良いお年を」は、正式には12月中旬から12月30日から言うのが最適です。

ですが、12月に入ると自然と年末のムードが高まります。

クリスマスシーズンに入るとともに、その年の終わりを意識し始める人が多くなるだけでなく、仕事関係なら12月の初旬から「良いお年を」という挨拶を意識し始めるのは自然な流れです。

言い忘れないためにも早めに意識しておくことも重要と言えます。

最後の会合やイベント

年末に向けて様々な集まりやイベントがあります。

それらがその年で最後の予定だと分かっている場合、その時が「良いお年を」と言う適切なタイミングになります。

職場の忘年会や友人との年末パーティーなど、それぞれの最後の集まりを意識しておくと良いでしょう。

個人のスケジュールに基づく

最終的には、自分自身の年末のスケジュールや感覚に基づいて挨拶を開始するのがベストです。

年内に終わらせたいことが多く、早めに年末モードに入る人もいれば、実際に年が変わる直前まで通常通りの生活を送る人もいます。

「良いお年を」言うタイミング、みんなはいつ言ってるのか口コミを調査!

みんなは、「良いお年を」言うタイミングはいつ言っているのでしょうか?

口コミを調べてみました。

https://twitter.com/R4fCoZaci0360Ny/status/1737772242950557720

やはり皆さん、「良いお年を」言うタイミングに困っているようですね。

人によって最適なタイミングがないので、「言ってなかった。」となるくらいなら早めでも言っておいても良いのかもしれません。

まとめ

「良いお年を」言うタイミングについてご紹介しました。

仕事関係では、「良いお年を」という挨拶を11月後半から12月にかけて準備する年賀状と同時に意識するのが最適です。

年末感が高まるこの時期に挨拶を始めると良い目安になります。

特に、相手と年内最後に会うタイミングを把握し、別れ際に自然と言えるようにすると良いでしょう。

挨拶が難しい理由は、個人の年末感覚の違い、再会の可能性、社交的なプレッシャーなどですが、12月初旬から意識し、年末の集まりやイベントが最後の予定と分かっている場合に適切に言うのが理想的です。

早めに意識することで、言い忘れることなく、適切なタイミングで挨拶できます。

関連記事

「良いお年を」は11月から使える?使う時期はいつからいつまでが良い?

「良いお年をお過ごしください」はいつから、いつまで使う?

【目上】「良いお年をお迎えください」は敬語で何ていう?

「良いお年を」はいつ言う?31日と元日の挨拶、丁寧な言い方とは?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました