PR
本ページはプロモーションが含まれています

サンタクロースはいつ来る?クリスマスプレゼントを渡すのは、24日、25日?

イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク

サンタクロースはいつ来る?クリスマスプレゼントを渡すのは、24日夜から25日が正解!

サンタクロースはいつ来るのか、という答えは、クリスマスプレゼントを渡す日にちと同じと言えます。

また、クリスマスと言いますが、クリスマスの期間は正式には、いつからいつまでになっているのでしょうか?

クリスマスはいつからいつまでの期間?

クリスマスの期間は24日の日没から25日の日没までとされています。

クリスマスは、多くのキリスト教徒がイエス・キリストの誕生を祝う重要な儀式です。

宗教的には、12月25日がクリスマスとされています。

一方で、「イブ」とは前夜や前夜祭を意味し、12月24日のクリスマス・イブに夜間のお祝いが行われるのが一般的です。

プレゼントを渡す正式なタイミング

クリスマスの期間が24日の日没から25日の日没までとされるため、この期間内にプレゼントを渡すのが正式なタイミングです。

多くの家庭では、子どもたちが朝起きたときにサプライズを楽しめるよう、24日の夜にプレゼントを準備します。

ですが、家族でクリスマスパーティを開く場合は、イブの夜に親から直接プレゼントを渡すこともあります。

各家庭によって伝統や習慣は異なるため、プレゼントを渡すタイミングは家族のスタイルや子どもの期待に合わせて選ぶのが最善です。

クリスマスプレゼントを渡すタイミングはいつが良い?みんなの声は?

クリスマスプレゼントを渡すタイミングはいつが良いのか、みんなの声をまとめてみました。

口コミを見てのように、プレゼントや渡すタイミングは、みなさん苦労していることが分かります!

年齢により、渡すものやタイミングも異なるので口コミを参考にしてみてください。

クリスマスプレゼントは何歳から渡す?

調査してみると0歳から2歳の子どもたちにクリスマスプレゼントを贈る親が多いことが分かりました。

ですが、家庭ごとにも違うので、年代ごとに、「何歳からクリスマスプレゼントを渡すのか?」まとめました。

幼児期のクリスマスプレゼント

0歳から2歳をもつ場合、親が子どもの喜ぶ顔を見たい、イベントに参加させたいという気持ちが強いようです。

特に0歳の子どもには、親がイベントを楽しむためや、家族としての絆を深めるためにプレゼントを贈る傾向があります。

1歳になると、子どもの感情が豊かになり、プレゼントに対する反応が見られるようになるため、親は喜びを共有するためにプレゼントを選びます。

2歳では、子どもが様々なものに興味を持ち始めるため、その好奇心を刺激するためにプレゼントを選ぶ親が多いです。

幼稚園年齢のクリスマスプレゼント

3歳から5歳の子どもたちには、クリスマスの意味を理解し始める年齢として、また友達の影響を受けやすい時期として、プレゼントを贈る親が多いです。

3歳の子どもたちは、テレビや周囲の友達からクリスマスの情報を得て、プレゼントを期待するようになります。

4歳になると、子ども自身が欲しいものをリクエストするようになり、親はそのリクエストに応える形でプレゼントを選びます。

5歳では、記憶に残る年齢として、特別なプレゼントを贈る親が多いです。

小学生のクリスマスプレゼント

小学生になると、子どもたちはクリスマスの意味やサンタクロースの伝説をより深く理解し始めます。

この時期の親は、「子どもが理解できるから」という理由で、より意味のあるプレゼントを選ぶ傾向にあります。

子どもたちの成長に合わせて、プレゼントの内容も変化していくのが一般的です。

親としては、子どもの成長を見守りながら、クリスマスの楽しみを共有することが大切です。

【クリスマスプレゼント】子どもが喜ぶ渡し方とは?

寝ている間のサプライズ

多くの親が選ぶのは、子どもが寝ている間に枕元や足元にプレゼントを置く方法です。

この方法は、子どもが目覚めてすぐにサプライズを発見する喜びを与えます。

「夜中にこっそりとプレゼントを置くと、朝の子どもの笑顔が何よりの宝物」と多くの親が語ります。

玄関でのプレゼント渡し

一部の親は、子どもが起きる前に玄関にプレゼントを置くという方法を選んでいます。

これは、子どもが夜中に起きた際にサンタの正体がバレるのを防ぐためです。

「朝起きて玄関にプレゼントがあるというサプライズも、子どもたちには大喜び」とのこと。

クリスマスツリーの下のプレゼント

サンタさんへの手紙をクリスマスツリーに飾り、その下にプレゼントを置く方法も人気です。

「サンタさんが手紙を読んでくれた証拠に、ツリーの下にプレゼントがあると、子どもたちは本当に来てくれたと喜びます」と親は語ります。

複数の場所にプレゼントを用意

枕元だけでなく、クリスマスツリーの下にもプレゼントを用意する家庭もあります。

この方法は、「一つのプレゼントを開けた後、さらに別の場所にもプレゼントがあるというサプライズを楽しめる」と好評です。

特大プレゼントの演出

風船を使って特大のプレゼントを演出する方法もあります。

「大きな袋にプレゼントと風船を入れておくと、朝起きた子どもが大きさに驚き、風船で遊びながら喜ぶ」という工夫がされています。

サンタの格好での演出

親がサンタの格好をして、子どもにプレゼントを渡すという家庭もあります。

「夜、家族が集まっているときにサンタさんが訪れるという演出は、子どもたちにとって忘れられない思い出になる」とのこと。

宝探し風プレゼント探し

プレゼントを隠して宝探し風にする方法もあります。

「クイズを出してプレゼントを探させることで、ただ渡すよりもワクワク感や達成感を味わえる」と親は語ります。

兄妹で協力して探す姿は、見ていても微笑ましいものがあります。

クリスマスプレゼントはどこに置く?

私の子供が幼い頃、クリスマスの朝には枕元にサンタクロースからのプレゼントを置いていました。

しかし、小学生になると子供の興奮で寝付けなくなるため、プレゼントは子供の机の上に移行しました。

幼い日々、子供は「家に煙突がないのに、サンタはどうやって入るの?」と疑問を持っていましたが、年を重ねるにつれて、その秘密を知ってしまったのかもしれません。

クリスマス前には、家じゅうを探し回る姿が微笑ましいです。

それでも、朝起きて枕元にプレゼントを見つける喜びは、子供にとって特別なものです。

その輝くような笑顔を見るのは、親にとっても幸せな瞬間です。

プレゼントを置く場所は家庭によって異なり、子供の成長に合わせて変わることもあるでしょう。

私の家庭では、子供の成長と共に、クリスマスの伝統も少しずつ変化してきました。それぞれの家庭で、それぞれの素敵なクリスマスの思い出が作られていくのです。

クリスマスプレゼントを靴下に入れる由来とは

サンタクロースがプレゼントを靴下に入れる習慣は、聖ニコラオスの伝説に由来します。

クリスマスプレゼントを煙突から投げ入れる

かつて、財産を失った豪商の家族が子供を手放す危機に瀕していたことを知った聖ニコラオスは、彼らを助けるために家の煙突からコインを投げ入れました。

その時代、人々は暖炉の周りに洗濯物を干しており、偶然にも投げ入れたコインは家の娘たちの靴下に入りました。

この家には3人の娘がおり、彼女たちが結婚するまで、聖ニコラオスはコインを投げ続けました。

しかし、家族は長い間、この神秘的な恩人が誰なのか知りませんでした。

サンタクロースの正体がついに見つかる

最終的に、3人目の娘が結婚する際、父親は聖ニコラオスがお金を投げ入れているのを発見しました。

聖ニコラオスは秘密を守るよう父親に頼みましたが、彼は感謝の気持ちを街の人々に伝えてしまいました。

この話が広まると、聖ニコラオスはさらに愛されるようになり、クリスマスに靴下を準備する習慣が生まれたとされています。

また、聖ニコラオスはオランダ語で「シンタクラース」と呼ばれ、これが「サンタクロース」という名前の起源となったと言われています。

この美しい伝説は、クリスマスの魔法と善意の精神を今に伝えています。

まとめ

サンタの訪問は一般的に12月24日の夜から25日にかけてとされ、この時間はプレゼント交換の理想的な瞬間です。

クリスマス期間は具体的に24日の夕暮れから25日の夕暮れまでとされており、キリスト教徒にとってはイエス・キリストの誕生を祝う重要な日になっています。

伝統により、多くの家庭では子供たちが朝驚くよう24日夜にプレゼントを準備するのが一般的ですが、家族の慣習や子供の期待に合わせて変えるご家庭も多いです。

また、クリスマスプレゼントは年齢や家庭によって異なり、0歳からの幼児に贈ることが多いですが、成長に合わせて変化します。

サプライズのために、親は寝ている子供の枕元や玄関、クリスマスツリーの下にプレゼントを置くなど、様々な工夫を凝らしています。

関連記事

クリスマスプレゼントは何円まで?予算や相場、欲しい物のリサーチ方法、決め方を紹介!

孫にクリスマスプレゼントあげないとダメ?相場、予算で悩まない最適な方法!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました