PR
本ページはプロモーションが含まれています

年末年始は料理したくない!主婦必見!年末年始の料理のプレッシャーを軽減する方法

雑学
スポンサーリンク

毎年12月になると年末年始の料理に対するプレッシャーを感じていませんか?

せっかくの年末年始に料理したくないですよね。

手作りのおせち料理が今や便利な通販で簡単にしてみてはいかがでしょうか?

料理のプレッシャーを感じる必要はなくと思います。

おせち料理を家族が一緒に楽しむイベントとして捉え直し、市販品を利用しするのがおすすめです!

この記事では、年末年始は料理したくない!主婦必見!年末年始の料理のプレッシャーを軽減する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

年末年始は料理したくない!「家族で楽しむお正月料理」

お正月の食卓には年に一度しか食べられない特別な料理を出すことで、スペシャルな感じを出すことができます。

ですが、家族全員が喜ぶ料理を準備しても、必ずしも伝統にとらわれず、好きなものを楽しむことが大切です。

家族全員で料理の準備を行うことで、料理を行事として楽しむ文化を作り出すことができます。

例えば、手間がかかる「ごまめ」などは、たくさん作っても残ることも多いので、市販で少量にしたりします。

また、縁起物の「ごぼう」も作りやすい料理で手間のかからない料理をおせちとして作れば、縁起物なので無理に手間をかける必要もありません。

このように、しっかりとした正式なおせちでなくても、十分楽しむことができるのではないでしょうか?

盛り付けも手軽なもので料理を華やかに

料理の盛り付けは、お正月の雰囲気を出す上で非常に重要です。

赤いお皿やきれいな飾り、彩り豊かな食材を使うことで、見た目豪華な料理に変身させることができます。

ですが、そこも手軽に100円ショップで売っているお正月飾りを使うことで、お正月らしい食卓を演出することができます。

年末年始はお料理カレンダーを活用

年末年始のお料理に関する不安を解消するために、お料理カレンダーを作ってみてはいかがでしょうか?

大晦日は特別感を出す必要がなく、お正月本番は元旦に焦点を当てることで、前日の残り物で体裁を整えて出す程度で十分です。

例えば、12月31日はそばと天ぷら、1月1日はお雑煮とおせち、1月2日は寿司などを用意し、1月3日は残った正月料理のリメイクすると手間もかかりません。

親戚が集まる年末年始のための料理

親戚が集まるお正月はプレッシャーに感じることがありますが、お刺身やお寿司など、幅広い世代が好む料理をメインに考えると良いでしょう。

そして、大勢が集まる場合などは、オードブルもしくは、お鍋などが無難と言えます。

なにより、オードブルは手間がかからないことは言うまでもありませんが、お鍋などは、各自がたれなどで水炊きなど味付けする料理でO.K.!

味に対するプレッシャーを感じることなく楽しむことができます。

おせちに飽きた時のための買い置き食材

お正月に「おせちに飽きた」と言われた時のために、冷凍の巻き寿司や押し寿司、チンして出せる点心のセットなど、手軽に用意できる買い置き食材を用意しておくと便利です。

まとめ

この記事では、年末年始は料理したくない!年末年始の料理のプレッシャーを軽減する方法をご紹介しました。

料理を作るのが嫌な日は「作らなと良いと思います。

おいしいものを買ってきて家族に提供することも、愛情表現の一つです。

料理は趣味であり、家族が好きなものを用意してあげることで、愛情を伝えることができます。

料理を「しなければならないもの」ではなく、「楽しむもの」と捉え直すことが大切です。

関連記事

「良いお年を」は11月から使える?使う時期はいつからいつまでが良い?

「良いお年をお過ごしください」はいつから、いつまで使う?

【目上】「良いお年をお迎えください」は敬語で何ていう?

「良いお年を」はいつ言う?31日と元日の挨拶、丁寧な言い方とは?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました