PR
本ページはプロモーションが含まれています

iphoneのジャーナルとは?使い方や削除、勝手に入ってる場合の対応の仕方は?

アプリ
スポンサーリンク

iOS17.2で2023年12月11日から使えるようになったiphoneの「ジャーナル」。

でもiphoneにジャーナルは急にインストールされていましたが、このジャーナルとはどのようなアプリなのでしょうか?

また、勝手に入っているので、どのように対応したら良いのか分からないですよね。

この記事で分かること

  • iphoneのジャーナルとは
  • iphoneのジャーナルの使い方の手順!
  • iphoneのジャーナルの削除の仕方
  • iphoneのジャーナルが勝手に入ってる場合の対応の仕方は?
  • iphoneのジャーナルを使ってみた!

この記事では、iphoneのジャーナルについて、使い方や削除、勝手に入ってる場合の対応の仕方などについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

iphoneのジャーナルとは

「ジャーナル」は、2023年12月11日から利用可能となったiOS17.2の新機能である日記アプリです。

このジャーナルに関して、AppleのiPhoneユーザガイドでは以下のようにジャーナルを説明しています。

「ジャーナル」 は、iOS 17.2へのアップデート後にiPhoneで使えるようになる新しいアプリです。「ジャーナル」では、日記を書く習慣を簡単に身につけることができます。ジャーナル記入の提案により外出、写真、ワークアウトなどがインテリジェントにグループ化され、体験を思い出したり振り返ったりするのに役立ちます。写真、ビデオ、オーディオなどを追加することができます。大切なエントリーをブックマークして、あとから読み返して新たな発見を得ることができます。さらに、ジャーナルをロックして、自分だけがFace ID、Touch ID、またはパスコードでアクセス可能とすることもできます。

iPhoneユーザガイドより引用

つまりこのiphoneのジャーナルとは、毎日の出来事を記録する習慣を支援し、機械学習を活用した入力支援機能を備えています。

ユーザーが日記を書く際には、様々な質問に答える形で内容を作成することができ、このプロセスを通じて日記が形成されます。

加えて、写真の添付や音声の追加といった機能もあり、日記作成の幅を広げています。

ただし、現段階では箇条書きや文字の装飾機能は提供されていないようです。

これらのことから、まとめるとジャーナルには3つの特徴が挙げられます。

  • 機械学習による入力サポート
  • マルチメディア機能
  • 質問に答える形式での日記作成

機械学習による入力サポート

ジャーナルアプリには機械学習を利用した入力支援機能が備わっており、ユーザーが日記を書く際に効率的で簡単な記録が可能になっています。

マルチメディア機能

ユーザーは日記に写真を添付したり、音声を追加することができます。

これにより、テキストだけでなく、ビジュアルやオーディオを使って日記の内容を豊かにすることが可能です。

質問に答える形式での日記作成

日記を書く際には、様々な質問に答える形で記載することができ、このプロセスを通じて日記が完成します。

これにより、日記のアイデアに困ったり、何を書いたら良いか分からないユーザーでも容易に日記を作成できます。

このアプリは、日記を書く習慣がない人でもアイデアが浮かぶようなサポートを提供しており、ユーザーフレンドリーな設計が特徴です。

iphoneのジャーナルの使い方の手順!

iphoneのジャーナルの使い方の手順は以下の通りです。

ジャーナルの使い方の手順

  1. ジャーナルアプリを開く。
  2. ようこそジャーナルへの画面が出てくるので、「続ける」をタップ。
  3. 「ジャーナル記入の提案」が表示されるので、「記入の提案をオンにする」を選択。
  4. 画面下の「+」をタップする。
  5. 振り返りの提案、訪れた場所、写真の記録、ヘルスケアのワークアウトなどが表示される。
  6. これらの情報を選択し、ジャーナルに挿入して記載する。

ジャーナルアプリを開く。

ジャーナルアプリをタップして開いてください。

ようこそジャーナルへの画面が出てくるので、「続ける」をタップ。

ジャーナルアプリを開いたら、最初に「ようこそジャーナルへ」という画面が出てくるので、青いボタンの「続ける」をタップしてください。

「ジャーナル記入の提案」が表示されるので、「記入の提案をオンにする」を選択。

「ジャーナル記入の提案」が表示されるので、「記入の提案をオンにする」を選択。

オンにすることで、記入することが提案されます。

なお、「記入の提案をオンにする」の設定は後から変更可能です。

画面下の「+」をタップする。

この画面から、すぐに新規の記入が書き込めます。

画面の最下部の「+」をタップして記入してください。

振り返りの提案、訪れた場所、写真の記録、ヘルスケアのワークアウトなどが表示される。

「4.」で「ジャーナルの記入の提案」をオンにするとこのような画面になり、過去の画像などが提案されます。

また、最近の行動記録から場所なども提案されます。

また、上記の画像のような提案もしてくれます。

これらの情報を選択し、ジャーナルに挿入して記載する。

記入するとこのような画面になります。

また、ジャーナルを開くと記入した画像は以下のように表示されます。

なお、記入した画像を消したいときは、ジャーナルと書かれた右の三本線をクリックすると削除が表示されます。

このアプリでは、趣味・運動の記録や料理など、毎日の行動の記録を写真と共に簡単に残すことができるというだけでなく、見た目も整理されており、操作も容易です。

iphoneのジャーナルの削除の仕方

iPhoneのジャーナルアプリを削除の仕方は、アプリを長押ししてから「アプリ削除」を選択します。

コレは、今まで入れている他のアプリと同じ手順です。

使わない場合は、この方法で削除してください。

iphoneのジャーナルが勝手に入ってる場合の対応の仕方は?

iphoneのジャーナルは、2023年12月11日から利用可能で、iOS17.2のアップデートから導入されたアプリです。

ジャーナルのアプリが勝手に入ってる!

急にアプリがインストールされているため、「iphoneに“ジャーナル”というアプリが勝手に入ってる」というユーザーが増えています。

Yahoo!知恵袋
iPhoneにジャーナルというアプリが勝手に入ってました。なんなんですかこれは

iphoneのジャーナルが勝手に入ってる場合の対応の仕方は、削除をするだけで大丈夫です!

ジャーナルが勝手に入っているのがイヤなら削除でO.K.!

ジャーナルアプリは正式なアプリなので、基本的には削除する必要はありませんが、使用しないという理由で不要であれば削除しても問題はありません。

利用しないアプリを整理する際は、この方法で簡単に削除が可能です。

また、もしも話題となっているので後で使ってみたいという場合は、Apple Storeの検索で「ジャーナル」と調べればすぐに出てくるのでインストールしてください。

iphoneのジャーナルを使ってみた!

実際にiphoneのジャーナルを使ってみました。

実際にiphoneのジャーナルを使ってみると、行動記録の振り返りとしては、シンプル・簡単で良い機能ではないかと思います。

  • 運動の記録
  • ダイエットの記録
  • ボディーメイクの記録
  • ウォーキングの記録

このように健康に関することには適しているように思いました。

また、女性の方の場合、婦人科系の日々の記録にも使えるように思います。

日記のような機能なジャーナルですが、日記に関しては、個人的には、書く習慣がない人には取っ掛かりとしては良いように思えますが、やはり書く習慣がないと続くかどうかは微妙です。

私は、日記の習慣がないので日記というより、行動の記録というほうが使っていてピンときました!

ですが、2回目以降使って調べていくと以下のようなことが分かりました。

日記のサポートに有効的な機能

ジャーナルでは、日記の習慣化を支援するために、ジャーナルアプリは定時に通知を出す機能を提供しています。

これにより、毎日の日記の記入を思い出させる役割を果たします。

ジャーナルを定時に通知させる手順

  1. 設定をタップ
  2. ジャーナルをタップ
  3. 「ジャーナル記入のスケジュール」にアクセス
  4. 「スケジュールする」をオン

これで通知の時間を設定するれば、提示に通知してくれます。

プライベートも安全

ジャーナルには、セキュリティ対策として「ジャーナルをロック」機能も用意されています。

ジャーナルは、Face IDやパスコードによる保護が可能です。

iPhoneを家族や友人に渡す際にも、プライバシーを守るのに役立ちます。

今後さらに機能が追加される!

現在、ジャーナルアプリの機能は基本的なものに限られていますが、将来のアップデートに大いに期待が集まっています。

特に、新たに導入された「Journaling Suggestions API」により、サードパーティのアプリ開発者たちは、ジャーナルへの記録タイミングを提案できるようになりました。

例えば、ショッピングアプリでは購入時に商品の詳細や購入理由を記録する提案が、ゲームアプリではプレイ時間や進行状況の記録が可能になるでしょう。

今のところ、使ってみた感じは以上のような感じですが、ジャーナルが目指すところは、AIサポートのような感じなのではないでしょうか?

今は、限定的な提案というような感じですが、他のアプリとの連携できるとその提案という幅も広がります。

共有できれば、よりブログという面でも使う人も増えるかもしれませんね!

「ジャーナル iphone 勝手に」に関連する質問

iphoneのジャーナルはいつから使えるようになるの?

ジャーナルは、2023年12月11日にリリースされた「iOS 17.2」のアップデート後に、iPhoneのアプリで使えるようになります。

アップデート後には、必ずインストールされているのでアップデートしたiPhoneのアプリをご確認ください。

iPhoneのアプリ「ジャーナル」とは何ですか?

「ジャーナル」 は、2023年12月11日にリリースされた「iOS 17.2」のアップデート後に、iPhoneのアプリで使えるようになった新しいアプリです。

ジャーナルは、日記の習慣をサポートする機能が備えられた日記アプリ。

ジャーナルを使うことで、毎日の行動を簡単に記録することができます。

まとめ

この記事では、iphoneのジャーナルについて詳しく解説してきました。

「ジャーナル」はiOS17.2で追加された新機能の日記アプリで、2023年12月11日から使用可能です。

日記の習慣をサポートし、外出、写真、ワークアウトなどをインテリジェントに整理し、体験を振り返るのに役立つ機能が備わっています。

写真やビデオ、オーディオを追加でき、重要なエントリーをブックマークして保存することができます。

また、Face ID、Touch ID、またはパスコードでアクセスを制限するロック機能があります。

ジャーナルアプリの使い方には、アプリを開いて「+」をタップし、「ジャーナル記入の提案」をオンにすることで、様々な情報をジャーナルに挿入できます。

このアプリは、健康記録や日々の活動の記録に適しており、シンプルで使いやすい機能が特徴です。

また、ジャーナルを定時に通知する設定も可能で、日記の習慣化に役立ちます。

不要な場合は、他のアプリと同様に削除することができます。

まだまだ、機能面は追加が予想されるので今後に期待のアプリと言えます。

関連記事

カエル天気が変わった場合の対処方法!消えたカエルはもとに戻る?

グーグルカエル天気が英語になった場合の対処の仕方!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました