PR
本ページはプロモーションが含まれています

10-10×10+10=-80。この計算の解き方を解説!

雑学
スポンサーリンク

10-10×10+10=-80

現在、この計算式の解き方が話題になっています。

Yahoo!知恵袋
10-10×10+10答えはなんでしょうか?

では、どうして「-80」となるのか分かりますか?

この記事では、「10-10×10+10=-80」の解く方法と順番、また計算をするうえで必須の計算の規則・ルールについてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

10-10×10+10を解く方法と順番

10-10×10+10を解く方法と順番は以下の順番で行います。

10-10×10+10を解く方法と順番

  1. 10×10=100
  2. 10-100=-90
  3. -90+10=-80

以上のような順番で解いていきます。

この計算の場合、2つの間違った解き方が考えられます。

最初から順番に計算する

計算を解く場合のルールとして、最初から順番に計算するのは間違いです。

「10-10×10+10」を解く場合は必ず、結びつきが強い「10×10」から計算します。

100-10ではない

Yahoo!知恵袋にもあるように、「100-10」と考えるかたもいます。

ルールの一つとなる、掛け算を先にして「100」となるのは正解です。

ただし、計算を解く場合のルールとして、左からが基本なので「10-100」で計算します。

「100-10」と考えるのは間違いです。

では、「10-10×10+10」を解く解説に登場した、計算をするうえで必須の計算の規則・ルールについて解説します。

10-10×10+10を計算をするうえで必須の計算の規則・ルールとは

10-10×10+10を計算をするうえで必須の計算の規則・ルールがあります。

この計算の規則、ルールは小学校で教えられています。

計算の規則、ルールとは以下の2つになります。

計算の規則、ルール

  1. 計算の順番は、原則として左から順番に行うようにする。
  2. ×÷の計算がある場合は、×÷の計算は、+-より結び付きが強くなるため、×÷の計算を先に行うようにする。

「10-10×10+10」の計算は、どちらのルールも満たさなければ「-80」となりません。

計算の規則、ルールを用いて計算しましょう。

まとめ

この記事では、「10-10×10+10=-80」の解く方法と順番、また計算をするうえで必須の計算の規則・ルールについてお伝えしてきました。

「10-10×10+10=-80」という計算は、まず掛け算「10×10」を行い、結果は100になります。

次に、10から100を引いて-90になり、最後に10を加えると-80になります。

この計算では、掛け算と割り算を足し算や引き算よりも先に行うという、基本的な計算の規則・ルールが用いられます。

基本的な計算の規則・ルールを用いることで、正しい答えにたどり着くことができます。

この基本的な計算の規則・ルールは、小学生の時に教わりますが、この基本的な計算の規則・ルールを忘れていませんでしたか?

関連記事

40-16÷4÷2の答えは?「38」大学生でも間違える計算の解き方とは?

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました